お知らせ

医科外来等感染対策実施加算、院内トリアージ実施料の算定について

2021年05月14日

1.医科外来等感染対策実施加算ついて

厚生労働省の規定する「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取り扱い」に伴い、全ての患者及び利用者の診療等については、手厚い感染対策が必要な事から、令和3年4月1日~令和3年9月30日まで、「医科外来等感染対策実施加算」外来は(1診療につき5点)、入院は(1日10点)を算定しております。

※10月以降については、延長しない事を基本の想定としつつ、感染状況や地域医療の実態等を踏まえ、年度前半の措置を単純延長することを含め、必要に応じ柔軟に対応することとされています。

 

2.院内トリアージ実施料について

風邪症状(発熱、咳、鼻水、喉の痛み、だるさ、下痢、嘔吐など)の方の院内トリアージを実施しています。

新型コロナウイルス感染症の初期症状が普通の風邪と見分ける事が困難な為、診察の際、風邪症状の方も新型コロナウイルス感染症の可能性も想定し、感染対策を行っております。

それに伴い、厚生労働省の規定する「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取り扱い」に基づき、初診・再診時に「院内トリアージ料」300点(3割負担の場合、自己負担900円)を算定しております。

 

上記2点の算定にご理解の程、宜しくお願いいたします。